スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

温度を知る

前回書いてから15日くらい経っちゃったかな。

平日は趣味も何も手が付かないみたい。

仕事やると精神力がへるよね。

体力は使わないけど。

なのでなかなか更新できん…。


まぁそれはそれとして

BBQはそこそこ盛況で楽しくおわりました。

来年もやろうかな?

気力があれば…。


さて本題。

電子工作の方ですが、

最近進展がなくてとまっておりました。

ひとつはLCDがなかなか文字を表示しない

これは配線とかプログラムとかちまちま直して

表示するようになったんでいいんだけど。

もうひとつ、マイコンが定期的にリセットされる。

もしくは予期せぬタイミングでとまる。みたいな

謎の不具合。マイコンはプログラムを書いたとおりに動かないことが

多々あるからめんどくさい。

結局いくらデバッグしても分からなかったんで

最初から作り直したら結局動く始末。

時間かかったけどようやく作業再開。

ってことで今週までの成果は

温度センサを使用した現在の取得と液晶ディスプレイへの表示です。

この写真の見たとおり

DSCN3354.jpg

温度センサはLM35

ただこのセンサだとマイナスの温度を

マイナスの電圧で出力するので

下のような回路で出力を若干持ち上げてます。

これで氷点下にも対応可能。

そもそも室温とかが氷点下になることあるの?って話はおいておきます。

やっぱり作るなら多少の汎用性はもとめたいじゃない?笑

計算上だと大体-10℃~50℃くらいまで測れるはず。

温度センサ回路

そういえば温度センサの回路がいまいちなせいか

出力が発振してたなぁ。

仕事で温度センサが発振する事があるとは聞いたことがあるけど

まさかほんとに発振するとは…

DSCN3346.jpg

適当にコンデンサでならしちゃったけど。


って事で大分マイコンを手なずけられてきたので

そろそろ前回立てた目標のステッピングモータを回すを

実践しないとね。

ではまた一週間頑張りましょう!

スポンサーサイト

2010年05月30日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。